腸活サプリの口コミランキング@おすすめ乳酸菌はこれ

腸活 サプリ

腸活におすすめのサプリはどんな成分?

 

腸活におすすめのサプリメントには、「乳酸菌サプリ」というのがあります。乳酸菌サプリといっても、乳酸菌の数が多ければ多い程いいというものではありません。乳酸菌の数が健康と比例するわけではないからです。乳酸菌の数よりも目的に合ったサプリメントを選ぶことが大事です。乳酸菌のサプリメントの選び方や買う前に重視するべきポイントをお教えしましょう。

 

●乳酸菌が腸活におすすめ!

 

腸活におすすめのサプリを選ぶなら「乳酸菌」です。乳酸菌は食品にも多く含まれていますが、サプリから摂取する事でより効率的に乳酸菌が摂取出来るでしょう。サプリメントになっていれば、さっと飲むだけで腸活出来ます。ただし乳酸菌にはたくさんの種類があり、人それぞれに相性があります。大切なのは自分の目的と乳酸菌の持つ特徴があっているかどうかを、買う前にしっかりと判断する事です。自分の菌活目的に合わせたサプリメントの選び方も知っておくといいでしょう。

 

●どんな乳酸菌サプリメントを選べばいいの?

 

乳酸菌サプリメントを活用するなら、生きて腸に届くような乳酸菌を配合したサプリを選ぶといいでしょう。乳酸菌は胃酸にも弱く、消化の時に多くが胃の中で死んでしまいます。そのため乳酸菌は死んでしまった人の免疫力を活性化することや、アレルギー抑制してくれる事が分かっていますが、それでも無駄になる事はありません。しかし乳酸菌の効果を最大にして腸の善玉菌を増やしたいと考える時は、生きて腸まで届く乳酸菌が配合されているものを選ぶといいでしょう。最近では胃酸に強い植物性乳酸菌配合のサプリメントも多いです。生きて腸に届くと明記されているものを選ぶといいでしょう。

 

腸活サプリの口コミ

 

腸の調子を整えるために腸活サプリを利用している人もいます。今回は腸活サプリを愛用している人の口コミを聞いてみましょう。

 

●腸活サプリメントで効果を実感した人の声

 

「初めて腸活サプリを使ってみました。それまで便秘がひどく苦しんでいたのですが、腸活サプリのおかげで快腸になってきました。生活習慣を改善するといってもなかなかすぐには変えられませんが、サプリメントであれば毎日手軽に飲めるので簡単です。手っ取り早く始められる腸活なので気にいっています。」

 

「30代女性です。ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌を試してみる事にしました。飲み始めてから一週間に一回あるかないかのお通じが、だんだん3日に一回出るようになり、今では2日に一回は確実に出るようになりました!便秘体質だった私には考えられなかった事なのでとても助かっています。アレルギー体質を何とかしたくてたどり着いたのがホコニコのラクトフェリン+乳酸菌です。アレルギーも腸の状態に関係しているのだとか…。ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌を飲めば改善されるのではないかと思い、半年続けてみたら確かに花粉症がよくなったかもしれません。あとは風邪もひきにくくなり、顔色も明るくなってきました。」

 

「仕事と育児のストレスが影響して、下痢と便秘を繰り返し、お肌もボロボロ、半年で一気に10歳くらい老けこんでしまいました。そこで口コミから探したホコニコのラクトフェリン+乳酸菌に頼ることにしたんです。朝夜の1粒ずつ飲んでいます。2週間経過した頃にあれ?体が軽いと変化を実感しました。そしてだんだん便の調子も安定してきて、お腹が痛くなる事も少なくなってきました。お腹の調子とお肌が関係あるというのは本当で、あれだけひどかった肌荒れやしわも一時よりだいぶ良くなってきています。」

 

サプリと一緒にしたい腸活はどんな方法?(腸活ストレッチ・食事の見直しなど)

 

腸内フローラを改善していくためには様々な方法があります。最近では手軽さと種類が豊富な事からも、サプリメントで腸内フローラを改善しようとする人が増えてきています。これだけ人気が集まっているサプリメントですが、腸内フローラを良くするためにもサプリメントと一緒に摂取しておくといいものがあります。

 

●ヨーグルト

 

腸活サプリメントと一緒にヨーグルトも摂取しておくといいでしょう。ヨーグルトには豊富にビフィズス菌や乳酸菌が含まれていて、これによって腸内フローラの改善を図る事が出来ます。ヨーグルトで腸内フローラを改善するのであれば、一般的に200〜300グラムを毎日最低でも2週間程度は摂取し続けるといいでしょう。もちろん腸内フローラが改善した後も摂取し続ける事も大事です。乳製品の合わない方は植物由来のヨーグルトを選ぶ、自分の腸内フローラと相性のいいヨーグルトを見つけるのが重要です。また菌の数も知っておく必要があるでしょう。「プロバイオティクス」と呼ばれる優れた菌でも、ヨーグルト1個にはおよそ30億個の菌があります。ヤクルトであれば200〜400億個となります。ただしヨーグルトで摂取するリスクも考えなければならないでしょう。

 

●サプリメントの効果的な摂り方

 

サプリメントの種類は豊富です。善玉菌にエサを与えて増殖を測るサプリメント、乳酸菌類をたっぷり腸内まで届けて善玉菌を増やすサプリメント、腸活+αで美容効果が発揮出来るサプリメントなどがあります。特に腸内フローラが乱れているような時、要するに悪玉菌が優勢である場合は、食事から善玉菌のエサを与えるだけでは間に合いません。そのため善玉菌を直接腸内に送り込む方が効率的でしょう。サプリメントであればカロリーを気にする事もなく、優れた善玉菌や複数の善玉菌、膨大な菌数を毎日腸へ直接送り込む事が出来ます。

 

腸活ストレッチ、エクササイズのやり方

 

便秘で悩んでいる人は多いでしょう。そのような方はサプリメントで腸内環境を改善する方法もありますが、腸活するために、エクササイズやストレッチを行うのもいいでしょう。

 

●便秘とはどんな状態?

 

そもそも便秘とは3日間以上排便がない状態です。特に便秘になる人は女性が多く、7割にも上ると言われています。しかし男性でも高齢になるにつれ、便秘になりやすくなります。便秘解消していくために薬やサプリに頼るのも方法の一つですが、自然に出るようエクササイズやストレッチで腸活していきましょう。弛緩性便秘とは腸のぜん動運動が弱くなり、便を押し出せなくなっている状態です。下剤を使っている人は少しずつ薬の回数を減らしていき、腸が自力で動くようトレーニングしていきます。

 

●腸活ストレッチの例

 

立った状態で左手を肋骨、右手を骨盤に置いて強くつかむ

そのまま腰をグルグル回す

 

この流れを1セットとし、20回行いましょう。便がたまりやすい部分を外側からつかんで刺激する事で、たまった便を動きやすくできます。

 

●腸活ストレッチの2つ目は寝ころびストレッチです。

 

腸活ストレッチにおいては、お腹とひざのラインを真っすぐ保つことが大切なポイントです。便が下から上へのぼる「上行結腸」という部分も詰まりやすくなってしまうので、腸に傾斜をつけると便は流れがよくなり、便秘解消につながります。便を出す時に使う「骨盤底筋」という筋肉も鍛え、ヒップアップや尿漏れにも効果的でしょう。便秘解消というと、乳酸菌を含む食品や下剤にばかり注目しがちですが、腸活ストレッチをするのも大切です。

 

外側からの刺激を与えるととても効果的です。オリーブオイルも腸内を滑りやすくしてくれるので、便秘改善に効果が期待出来るでしょう。一日大さじ一杯、野菜ジュースやみそ汁などに入れて飲むのがおすすめです。どの方法でもお手軽に出来て時間もかかりません。便秘に悩まされている方はぜひ実践してみてくださいね!

 

腸活に効果のある食事、食べ物

 

腸活に効果的な食品には様々なものがあります。基本的には善玉菌を多く含むものが腸活によく効きます。ここではどのような食べ物が腸活に効果的なのかご紹介していきましょう。

 

●善玉菌を増やしてくれる食べ物とは

 

・オリゴ糖や食物繊維
・善玉菌の餌となって間接的に善玉菌を増やしてくれる食べ物
・善玉菌を直接増やす食べ物(プロバイオティクス)

 

・納豆
納豆には納豆菌が含まれています。納豆菌自体がとても強い菌なので、胃酸によっても死滅することなく、腸までしっかり届いて悪玉菌の増殖を防いでくれ、善玉菌を増やしてくれるでしょう。日本人には馴染み深い善玉菌として、その効果は高いと言われています。
・チーズ
チーズなどの乳製品にも「乳酸菌」が含まれています。ただし乳酸菌は熱に弱いので、加熱処理されたものやプロセスチーズには乳酸菌は生きていません。ただしチーズなどの乳製品に含まれる乳酸菌はわずかなので、食べても効率よく摂取出来ないのが現実です。
・キムチ
キムチなどの漬物には「食物性乳酸菌」が多く含まれていて、植物性乳酸菌は腸内で善玉菌として活躍してくれます。特に京都の漬物「すぐき漬け」に含まれる植物性乳酸菌は、「ラブレ」と呼ばれている健康食品として販売されているので、ご存知の方も多いでしょう。漬物の乳酸菌は塩分や酸にとても強いのが特徴でもあります。胃酸で死滅することなく、腸までしっかり届くでしょう。
・ヨーグルト
ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌は腸内で善玉菌として働いてくれますが、乳酸菌はとても弱い菌という事もあり、胃酸で多くが死滅してしまう事があります。最近は胃で死滅しないような乳酸菌を採用する事や腸まで届ける工夫をしている商品もたくさん出てきています。